ダンプトラック荷台の鉄板交換で溶接作業を行います

ダンプトラック荷台
鉄板交換します

ダンプトラックの荷台の鉄板交換を出張で対応いたします。

鉄板の取り外し

古い鉄板を取り外します。これには、ボルトや溶接による固定部分の解除が含まれます。

新しい鉄板の準備

新しい鉄板は必要なサイズにカットされ、形状に合わせて加工されます。これには切断、穴あけ、および形状調整が含まれます。

荷台の準備

荷台の表面を清掃し、新しい鉄板がしっかりと取り付けられるように準備します。錆対策が必要な場合もあります。

溶接作業

鉄板の取り付け位置が確認されたら、溶接作業に入ります。新しい鉄板と荷台の接合部分を溶接で結合し、強度を確保します。溶接作業では適切な溶接技術、電流、電極、および溶接速度が使用されます。

クールダウンと清掃

溶接が完了すると、溶接部分を適切に冷却し、スケールやスプラッタを取り除きます。クリーンアップ作業は、溶接部分の仕上げに不可欠です。

検査とテスト

新しい鉄板の取り付けが完了したら、荷台の強度と安全性を確認するための検査とテストが行われることが一般的です。これには、非破壊検査や耐荷重テストが含まれることがあります。

仕上げと保護

溶接部分および新しい鉄板は適切に塗装され、防錆コーティングなどで保護されることが一般的です。これにより、修理部分が外部要因に対して耐性を持つようになります。

ダンプトラックの荷台の鉄板交換に関する修理作業を行う前に、経験豊富な溶接技術者やトラック修理専門家に相談し、適切な手順を確立することが重要です。

お問い合わせ

    【注】iPhoneの方はJPEG形式の画像のみ添付できます。変換する方法はこちら→

    会社名必須

    お名前必須

    電話番号必須

    メールアドレス必須

    出張場所必須

    お問い合わせ内容必須

    添付ファイル(修理箇所等)

    【注】iPhoneの方はJPEG形式の画像のみ添付できます。変換する方法はこちら→

    (任意)※5MBまで

    (任意)※5MBまで