ロードローラーの出張修理

ロードローラーの指定工場となっている技術力で出張修理

ロードローラーのお悩み

ロードローラーの修理項目一覧

ロードローラーの修理項目を詳細に示した表を以下に示します。

修理項目説明
エンジン修理– エンジンの点検、オーバーホール、バルブ調整、シリンダーヘッド交換など。
トランスミッション修理– トランスミッションの点検、修理、ギア交換、クラッチ交換など。
ハイドロリックシステム修理– シリンダー、ポンプ、バルブ、ホースの交換、漏れの修理など。
ローラー(ドラム)修理– ドラムの交換、軸受けの修理、バランス調整など。
タイヤとホイール修理– タイヤの交換、ホイールの修理、トルク調整など。
フレームとシャーシ修理– シャーシの修理、補強、溶接、サスペンションの調整など。
ステアリングシステム修理– ステアリングギアの交換、リンケージの修理、ホイールアライメント調整など。
ブレーキシステム修理– ブレーキパッド、ディスク、ドラムの交換、ブレーキフルイド交換など。
エレクトリカルシステム修理– 配線修理、電子コンポーネントの交換、バッテリー交換など。
冷却システム修理– ラジエーターの交換、ウォーターポンプの修理、ホースの交換など。
排気システム修理– マフラー、排気管、キャタリティックコンバーターの交換、排気漏れの修理など。
燃料タンクと供給システム修理– 燃料タンクの交換、燃料供給ラインの修理、燃料ポンプの交換など。

ロードローラーの検査の種類

ロードローラーの検査の種類を詳細な表で示します。各検査項目とその説明が含まれています。

検査項目説明
エンジン検査– エンジンの点検、オイルレベルの確認、オイルおよびフィルターの交換、エンジンベルトの点検。
トランスミッション検査– トランスミッションの動作確認、オイルレベルの確認、オイルおよびフィルターの交換。
ハイドロリックシステム検査– ハイドロリックシステムのシリンダーおよびバルブの点検、ハイドロリックオイルの交換。
ローラー(ドラム)検査– ドラムの磨耗およびバランスの点検、軸受けの点検、ローラーの状態の確認。
タイヤとホイール検査– タイヤのトレッドと空気圧の確認、ホイールの状態の点検、トルクレンチによるホイールボルトの確認。
フレームとシャーシ検査– シャーシの可視的な損傷の点検、溶接ポイントの点検、サスペンションの状態の確認。
ステアリングシステム検査– ステアリングの操作性の確認、リンケージおよびステアリングギアの点検、ホイールアライメントの確認。
ブレーキシステム検査– ブレーキパッドおよびディスクの点検、ブレーキフルイドのレベル確認、ブレーキホースの点検。
エレクトリカルシステム検査– ライトおよび信号の操作確認、バッテリーレベルの確認、配線およびコネクターの点検。
冷却システム検査– ラジエーターの点検、ウォーターポンプの点検、クーラントレベルの確認、ホースの点検。
排気システム検査– マフラーと排気管の点検、排気ガスの漏れの点検、キャタリティックコンバーターの点検。
燃料タンクと供給システム検査– 燃料タンクおよび供給ラインの点検、燃料フィルターの交換、燃料ポンプの点検。

ロードローラーの故障しやすい部品

ロードローラーの故障しやすい部品とそれらの一般的な商品名を詳しく表で示します。

故障しやすい部品一般的な部品名
エンジン– エンジンヘッドガスケット
– エアフィルターエレメント
– キャブレターまたは燃料インジェクター
– イグニッションコイル
トランスミッション– トランスミッションフルイド
– トランスミッションフィルター
– クラッチディスクまたはトルクコンバーター
– トランスミッションソレノイド
ハイドロリックシステム– ハイドロリックオイル
– シリンダーシール
– ハイドロリックポンプ
– ハイドロリックバルブ
ブレーキシステム– ブレーキパッド
– ブレーキディスクまたはドラム
– ブレーキフルイド
– ブレーキホース
シャーシとサスペンション– ボールジョイント
– ステアリングリンク
– ショックアブソーバー
– コイルスプリング
タイヤとホイール– タイヤ
– ホイール
– ホイールベアリング
– タイヤバルブ
エレクトリカルシステム– バッテリー
– イグニッションスイッチ
– オルタネーター
– センサー(例:クランクシャフトセンサー、O2センサー)
冷却システム– ラジエーター
– ウォーターポンプ
– サーモスタット
– ラジエーターホース
排気システム– マフラー
– 排気管
– キャタリティックコンバーター
– センサー(例:酸素センサー)
燃料タンクと供給システム– 燃料フィルター
– 燃料ポンプ
– 燃料供給ライン
– ガスキャップ

建設機械や重機が故障すると、工事現場にさまざまな問題や困難が生じる可能性があります。以下は、建設機械や重機の故障による現場への影響の一部です。このようなリスクを少しでも減らすために、出張修理をお勧めします。現場で溶接修理まで可能なプロフェッショナルな整備士が現場にお伺いします。

生産性の低下

建設機械や重機は、土木工事や建設プロジェクトにおいて不可欠であり、土砂の掘削、建材の運搬、積み込みなどの作業に使用されます。機械の故障により、作業が停止し、生産性が低下します。

工程の遅延

プロジェクトのスケジュールに影響が生じ、予定された工事作業が遅れる可能性があります。これにより、契約期間が延長されることがあります。

予算超過

建設機械や重機の故障に伴う修理コストや代替機材の調達費用により、プロジェクトの予算を超える可能性があります。

労働者の待機時間

建設機械の故障によって、作業員は待機時間が増加し、給与の支出が増える可能性があります。

安全リスク

故障した機械が危険な状態にあるため、安全リスクが増加します。作業員と他の車両との接触事故や安全問題が発生する可能性があります。

資材の供給問題

建設機械の故障により、土砂や建材の供給が停止する可能性があり、これが他の部分の工事にも影響を及ぼします。

クライアントとの信頼性

工事プロジェクトの成功において、クライアントとの信頼性は非常に重要です。機械の故障による遅延や問題は、クライアントとの信頼関係を損なう可能性があります。

リソースの無駄

機械の故障により、時間、賃貸料、燃料、保険などのリソースが無駄になる可能性があります。

お問い合わせ

    【注】iPhoneの方はJPEG形式の画像のみ添付できます。変換する方法はこちら→

    会社名必須

    お名前必須

    電話番号必須

    メールアドレス必須

    出張場所必須

    お問い合わせ内容必須

    添付ファイル(修理箇所等)

    【注】iPhoneの方はJPEG形式の画像のみ添付できます。変換する方法はこちら→

    (任意)※5MBまで

    (任意)※5MBまで