油圧ショベル(ユンボ)の油圧ホースの油漏れなど故障の原因と修理

油圧ショベル(ユンボ)メーカーの指定工場となっている技術力の高さを出張整備でも実現します。

油圧ショベル(ユンボ)の油圧ホースの故障

油圧ショベル(ユンボ)の出張修理

当社は、プロの技術者チームを持つ建設機械・重機の修理専門企業です。私たちは、油圧ショベル(一般的にはユンボやバックホーとも呼ばれる)の出張修理をご提供しています。お客様の建設プロジェクトや土木工事がスムーズに進行するために、迅速かつ効率的なサービスを提供しています。修理工賃はお問い合わせ下さい。

私たちの出張修理サービス

  1. 溶接修理もできるプロが担当: 当社の技術者は、溶接に関する専門知識と幅広い経験を持っています。単純な修理だけでなく、溶接修理もできるのが当社の出張修理の特徴です。
  2. 出張修理: お客様の現場に出向き、機械の状態を確認し、必要な修理を実施します。これにより、機械を運ぶ手間やコストを削減できます。
  3. 設備と部品: 当社は必要な設備や予備部品を備えており、修理を素早く実施できます。部品の交換や修復が必要な場合、純正部品の他、社外部品の使用も可能なケースがあります。
  4. 保守: 単なる修理だけでなく、定期的な自主点検や整備も提供しています。故障する前のメンテナンスで工事がストップするリスクを予防します。
  5. 貴社オリジナルサービス: お客様のニーズに合わせてオリジナルの整備サービスをご提案します。

東京都・神奈川県(横浜市・川崎市含む)へ出張&溶接修理。その他のエリアはご相談下さい。

【東京都 23区】千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区 【東京都 多摩地区】八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、日野市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市
【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市

お問い合わせ

    【注】iPhoneの方はJPEG形式の画像のみ添付できます。変換する方法はこちら→

    会社名必須

    お名前必須

    電話番号必須

    メールアドレス必須

    出張場所必須

    お問い合わせ内容必須

    シリアルナンバー(機番)
    または特定自主検査記録表の写真
    (任意)※5MBまで

    【注】iPhoneの方はJPEG形式の画像のみ添付できます。変換する方法はこちら→

    ※写真がない場合にはお見積りができないため、
    車体の周りに貼ってある情報を探して撮影してお送りください。

    修理箇所等の写真
    (任意)※5MBまで

    【注】iPhoneの方はJPEG形式の画像のみ添付できます。変換する方法はこちら→

    当社での出張修理で対応できるか、まずは一度お問い合わせ下さい。

    油圧ショベル(ユンボ)の油圧ホースの種類

    油圧ショベル(ユンボ)で使用される油圧ホースの種類を表にまとめます。油圧ホースは、油圧フルードを各部に送るために使用され、作業の種類や必要な圧力に応じてさまざまな種類があります。

    ホースの種類特徴用途
    高圧ホース多層の補強層で作られ、非常に高い圧力に耐えることができる。ブーム、アーム、バケットなどの主要な動作部に使用。
    中圧ホース高圧ホースに比べて柔軟性があり、補強層が少なめで中程度の圧力に適している。油圧ショベルの中圧を要する動作部や補助系統に使用。
    低圧ホース柔軟性が高く、補強層が最も少ない。低圧または負圧の状態で使用される。パイロットラインや排気系など、低圧が必要な箇所に使用。
    熱耐性ホース高温環境下でも性能を維持できる特殊な素材で作られている。エンジン近くや夏季などの高温環境下での使用に適している。
    耐摩耗ホース外側が特殊な素材でコーティングされており、摩耗や擦れによる損傷に強い。地面との接触が多い部分や、摩耗しやすい環境下での使用に適している。

    油圧ショベルの性能を最大限に引き出し、安全に作業を行うためには、これらのホースを適切に選択し、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。ホースの状態が悪化すると、油圧フルードの漏れやシステムの故障を引き起こす可能性があるため、点検と交換を怠らないようにしましょう。

    油圧ショベル(ユンボ)の油圧ホースの故障と原因

    油圧ショベル(ユンボ)の油圧ホースの故障は、多様な原因によって引き起こされることがあります。以下の表では、よくある故障とその原因をまとめています。

    故障の種類原因対処方法
    油圧ホースの漏れ– ホースの磨耗や損傷
    – 接続部の緩み
    – シールの老朽化
    – ホースやシールの交換
    – 接続部の締め直し
    油圧ホースの破裂– 過剰な圧力
    – 外部からの物理的損傷
    – 材質の老化による強度の低下
    – ホースの交換
    – システムの圧力設定の確認と調整
    油圧ホースの詰まり– 油圧フルードの汚染
    – 内部の腐食や異物の侵入
    – ホースの清掃または交換
    – フィルターの点検と清掃
    油圧ホースの硬化– 長期間の使用による老化
    – 高温下での使用による材質の変性
    – ホースの交換
    振動による損傷– 機械の振動による繰り返し応力
    – 不適切な取り付けによる過度の緊張
    – ホースの適切な取り付け
    – アンチバイブレーションクランプの使用

    ホースの故障を防ぐための一般的なヒント:

    • 定期的なメンテナンス: 定期的にホースの状態を点検し、摩耗や損傷の初期段階で対処します。
    • 適切なホースの選定: 作業条件に適した材質や耐圧レベルのホースを選ぶことが重要です。
    • 適切な取り付け: ホースが適切に取り付けられていることを確認し、過度な緊張や曲げがないようにします。
    • 清潔な作業環境: 油圧システムの清潔を保ち、フィルターを定期的に交換することで、汚染による故障を防ぎます。

    これらの対処方法により、油圧ホースの寿命を延ばし、油圧ショベルの安定した性能を保つことができます。

    油圧ショベル(ユンボ)の油圧ホースの油漏れ

    油圧ホースにおける油漏れは安全性と機能性に直接影響を与える問題です。以下の表では、油漏れの一般的な原因とそれに対する対策をまとめています。

    原因対策
    ホースの摩耗や損傷定期的な点検を行い、摩耗や損傷が見られる場合はホースを交換する。
    接続部の緩み接続部の締め直しを行い、必要に応じてシールを交換する。
    シールの劣化シールの状態を定期的にチェックし、劣化している場合は新しいものに交換する。
    過剰な圧力システムの圧力設定を確認し、メーカーの推奨する仕様内で運用する。必要に応じて圧力リリーフバルブを点検・調整する。
    ホースの不適切な取り付けホースが正しく取り付けられていることを確認し、過度なねじれや曲げがないようにする。
    温度の影響高温条件下での使用は、ホース材質の劣化を早めることがあるため、冷却措置を講じるか、高温に適した材質のホースを使用する。
    油圧フルードの汚染フィルターを定期的に交換し、油圧フルードを清潔に保つ。油圧システムの汚染を防ぐために適切な管理を行う。

    油圧ホースの油漏れへの対策ポイント

    • 定期的なメンテナンスと点検は、油漏れを未然に防ぐ最も効果的な方法です。使用環境や稼働時間に応じてメンテナンスの頻度を決定します。
    • 正しい部品の選定適切な取り付け方法を守ることで、油圧ホースの寿命を延ばし、油漏れのリスクを低減させることができます。
    • システムの圧力設定を適切に管理し、過剰な圧力によるホースの損傷を防ぎます。
    • 環境条件に合わせたホース材質の選定も重要です。特に高温や化学物質にさらされる場合は、それに適した耐性のあるホースを選ぶ必要があります。

    これらの対策を適切に実施することで、油圧ショベルの性能と安全性を維持し、コストのかかるダウンタイムを避けることができます。

    出張修理で避けられる現場への悪影響

    建設機械や重機が故障すると、工事現場にさまざまな問題や困難が生じる可能性があります。以下は、建設機械や重機の故障による現場への影響の一部です。このようなリスクを少しでも減らすために、出張修理をお勧めします。現場で溶接修理まで可能なプロフェッショナルな整備士が現場にお伺いします。

    生産性の低下

    建設機械や重機は、土木工事や建設プロジェクトにおいて不可欠であり、土砂の掘削、建材の運搬、積み込みなどの作業に使用されます。機械の故障により、作業が停止し、生産性が低下します。

    工程の遅延

    プロジェクトのスケジュールに影響が生じ、予定された工事作業が遅れる可能性があります。これにより、契約期間が延長されることがあります。

    予算超過

    建設機械や重機の故障に伴う修理コストや代替機材の調達費用により、プロジェクトの予算を超える可能性があります。

    労働者の待機時間

    建設機械の故障によって、作業員は待機時間が増加し、給与の支出が増える可能性があります。

    安全リスク

    故障した機械が危険な状態にあるため、安全リスクが増加します。作業員と他の車両との接触事故や安全問題が発生する可能性があります。

    資材の供給問題

    建設機械の故障により、土砂や建材の供給が停止する可能性があり、これが他の部分の工事にも影響を及ぼします。

    クライアントとの信頼性

    工事プロジェクトの成功において、クライアントとの信頼性は非常に重要です。機械の故障による遅延や問題は、クライアントとの信頼関係を損なう可能性があります。

    リソースの無駄

    機械の故障により、時間、賃貸料、燃料、保険などのリソースが無駄になる可能性があります。